1215227858a@gmail.comさんの日記

(Web全体に公開(ゴルナビ会員でなくともネット上の誰でも閲覧可能))

バレンシアガ53年ぶり参戦 オートクチュール見どころ
2021年 07月22日 15:45

2021年秋冬パリ・オートクチュールコレクションが5日から8日まで開催される。パリ・オートクチュールは世界の一部の富裕層に向けた超高級注文服。フランスを中心とした伝統的な仕立てや細工の技術が競われる。また、近年は先端技術の発展などを背景に、今後の新たな方向性を探る「モードの実験場」としての意義もますます高まっている。加えて昨今は、株価の上昇などにより世界的に富裕層が増加している中、改めて注目されるコレクションになっているようだ。オートクチュールコレクションは、年に2回開かれる。プレタポルテ(高級既製服)のいわゆる「パリ・コレ」が半年後のシーズンの新作を発表するのに対し、1月が春夏物、7月に秋冬物とすぐ近いシーズンの新作が披露される。https://www.aaakopi.com/brand-85-c0.html BALENCIAGA スーパーコピー 一般的にシンプルなスーツで数百万円、凝った刺繡(ししゅう)のドレスなどは数千万円もの値がつけられることもざらだ。ただ、オートクチュールはその服の売り上げよりも、プレタポルテや化粧品、バッグなど広く商品を販売していくためのピラミッドの頂点として、広告塔の役割の方が大切だといわれてきた。参加するには、パリに店やアトリエを保持しているか、お針子さんの数は一定以上かなどの厳しい審査をクリアした上で、パリのオートクチュール連盟の会員にならなければならない。そして、世界最高峰の服を作ることができるブランドという証しでもあるのだ。今回の参加は約30ブランド。コロナ禍のために昨年同様、デジタルで配信されるが、リアルなショーを行い、その模様をライブで放映するブランドが増えている。https://www.aaakopi.com/ ブランド コピー なかでも目玉は、なんと53年ぶりに参加するというフランスの老舗バレンシアガだ。オートクチュール作品を公に披露するのはちょうど50回目になる。7日、パリの歴史ある通りジョルジュ・サンクの建物でリアルなショーを行う予定だ。バレンシアガは、「真のクチュリエ(主にパリ・オートクチュールの主任デザイナーの意)」と呼ばれ、20世紀を代表するデザイナーのひとりクリストバル・バレンシアガが1910年代に創業したブランド。作風はシンプルで構築的なフォルムが大きな特徴だ。https://www.aaakopi.com/category-9-b0.html なかでもコクーン(繭形)シルエットが有名。当時の創始者の作品を見た現在のブランドの職人が「一体どうしたらこの曲線を形作ることができるのか?」と首をかしげるほどの類いまれなる仕立ての手技が魅力のブランドだった。

https://aakopi.ti-da.net/e11987031.html
https://xin.ko-co.jp/e571532.html
http://fanblogs.jp/aaakoip/archive/7/0?1626838594

Good Shot!